雨漏り調査

雨水侵入部分を特定します。高額で的外れな補修工事を避けるために…。

雨漏りでお悩みの方、気軽にご相談ください!

雨漏りは、家にとって「病気」です。病気を治すには、まず病気の原因を調べないといけません。 原因がわからないまま手術(補修工事)をしても、完治しません。最も大切なのは診察や精密検査を行って「病気」の原因を特定することです。 いい病院にはいい検査器具があり、いい医者がいます。雨漏りも同じです。信頼できる主治医を見つけることが無駄な心労・費用を発生させない近道です。

◆雨漏り検診技術開発研究所(アマケン)の特許技術(点滴検査)により雨水の侵入部をピンポイントで発見! 雨漏り検知率99.9%!
◆アマケン認定「雨漏り検診士補」が検査いたします。
※ 散水検査ではありません!(検査用の水、持参します。)

こんなお悩みご相談ください!

  • 雨漏りの事をどこに相談して良いか解らない。
  • 業者に依頼しても一向に雨漏りが鎮静化しない。
  • 本当に雨漏りが治ったか心配。
  • 明確な雨漏りの原因がわからない。
  • 雨漏り改修内容が適切かどうかわからない。
  • 雨漏りが原因で建物に与えた影響が心配。
  • 雨漏りのトラブルで法的手段を検討している。
雨漏り画像1
雨漏り画像2
雨漏り画像3
雨漏り画像4
雨漏り画像5
雨漏り画像6
雨漏り画像7
雨漏り画像8
雨漏り画像9

従来広く用いられる雨漏り検査方法に、散水検査があります。
この手法は、漏水現象漏水現象の再現は可能であるが、的確に雨水侵入箇所を特定する事は極めて困難であり、誤診を招く恐れがあります。
また、サーモグラフィーカメラによる検査は、検査のタイミングにより、雨水のたまり、通過跡は分かっても、侵入部分を特定出来ないケースがあります。

アマケンが推奨する雨漏り検査方法及び装置(特許登録)は、容易且つ正確に雨水の侵入部分を特定する事ができます。雨水侵入部を特定することにより、精度の高い検証・分析を行うことができる。その結果を雨漏り検診結果報告書(実用新案)にまとめて提出させて頂きます。なお、報告書は保険会社等へ提示していただけます。

極めて精度の高い検査結果報告書は、建物の維持保全に係る住宅履歴として活用が可能です。


雨漏り画像4
雨漏り画像4
雨漏り画像4

相談・見積り無料です!
お気軽に問い合わせください。

住まいの「かかりつけ医」です。住まいに関するあらゆる事、小さな事でも気軽にお問い合わせください。

「不動産」「建築」「リフォーム」に関する多種多様な経験を活かし、お客様のご意向に沿った提案をさせていただきます。

あすなろ住宅株式会社
代表取締役/森 寛司(もりかんじ)

  • 宅地建物取引士
  • 福祉住環境コーディネーター2級
  • 公認ホームインスペクター
  • 雨漏り検診士補
  • 相続診断士
  • 増改築相談員

お気軽にお電話ください

078-924-0076

お問合せはこちら